ちょーさんもお鳴らしになってます (生後41日目)

公開日:  最終更新日:2012/07/17

こんにちは、ちょーさんのパパスです。

ちょーさんはやっと生後1カ月半になったばかりで、
感情表現がまだなく、
コミュニケーションがとれないので、
このイクメンブログを書くにあたって
パパスはゆきづまった若手芸人のようにネタに困っていますあせあせ (飛び散る汗)

そんなこんなで、どうにかネタを探そうと、
ちょーさんをじーっと観察しているのですが、
発見しました!ネタ!

それはもう、「おなら」についてです爆弾
「屁」ともいいます。
今日は誰がなんと言おうと「おなら」についてのお話になりそうですよぴかぴか (新しい)

「おなら」を「こく」というと、
ちょっと気分を害されるひともいるかもしれないので、
「屁」に「お」をつけて
「お屁」を「放(ひ)る」という気持ち丁寧そうな言葉をつかうことにします。

さて、ちょーさんと「お屁」。
なにがおかしいんだといわれると、
ズバリ、
ちょーさんは体のわりに「お屁」のボリュームが
大きすぎるんじゃないかと思ったのですひらめき

あんなに小さいおなかから、
どうやったらあんなに大きい音が出せるのか。

一瞬これはかなりのミステリーなんじゃないかと期待しましたが、
パパスは皮肉にも一瞬でその答えに気づいたのです。

それは…
ちょーさんを含め世間一般の赤ちゃんは、
「お屁」を「放る」ことに、「遠慮が全くない」んだということ。
「全く遠慮がない」から、あんなに不似合いな大きな音なんだということ。
という、なんとも面白みのない単純な答えでしたバッド (下向き矢印)
(実はもっと違う理由があるのかもしれないですが)

しかしながら、
たしかに大人にも相当不似合いな音を鳴らす方もいますが、
総じて考えてみるとぼくたち大人は、
「お屁」を「放る」とき
「全く遠慮がない」状態でいることがあるでしょうか。

電車の中、雑踏の中、
ガールフレンド、ボーイフレンドの前では
とてもじゃないけれど遠慮なしではいられません。

仲のいい友達や、
長年付き添った夫婦どうしでそれはもう目の前でやりますよ、
という場合でも、
多少の照れを某箇所周辺の筋肉から感じとるのではないでしょうか。

ちょーさんのパパスはママスの前でもやってしまうタイプですが、
上記の筋肉あたりからの照れのきもちはやはり多少なりともあります。
(ちなみにママスのそれの音は一度も聞いたことがありませんがハートたち (複数ハート)

そこで、信頼のおける家庭医学の本にたよって
少し調べてみたところ…

・「お屁」を我慢すると、おなかにガスがたまり腹痛をひきおこす。場合によっては胆のうや膵臓を圧迫し、激しい痛みにつながることも。

・「お屁」を我慢して腸内にガスがたまると便秘になりやすく、腸内の悪玉菌を増やして有毒ガスを発生させ、腸内環境が悪化する、という悪循環に。

などなど、ちょっと怖いことがわかりました。
知らず知らずのうちに、ストレスにつながることもあるらしいのです。

赤ちゃんの顔は赤ちゃんだからというだけで
あれほどいとおしく感じるのではなく、
生理現象に素直で、不快なことは不快なこととして
溜めておかないからこそ、
気持ちよさそうなときの顔が文句なしに気持ちよさげで、
いとおしく感じるのかもしれませんねひらめき

ちょーさんの寝顔や、
なんにもないときの素朴な顔も、
パパスにとっては食べてしまいたいくらいにいとおしく感じます。
(親バカかもしれませんが、世のパパス&ママスもきっとそうです)

でも、これから生きていくなかで、
「お屁」に限らず、世の中のいろいろな我慢を経験して、
時にはストレスに感じ、時にはそれを糧にして
大きくなっていくんだなあと、
「お屁」を通して考えさせられた1日でした。

でもせめて、
身体のことを想って
生理現象にくらいは素直になりたいですね。

「お屁」の兆候を感じたら、
できるだけ遠慮しないでやってしまう。
公共の場所なら、
一目散にトイレへはしってカギを閉めて
遠慮しないでやってしまう。

パパスはこれを明日から実践してみようと思います手 (チョキ)

ちなみに、
「お屁」のことを調べていてわかったのですが、
「おなら」は「お鳴らし」という言葉をルーツにもっていて、
「屁」よりも丁寧な表現なのだそうです。
つまり丁寧さでいうと、
「おなら」>「屁」ということになります。
すると、たとえば目上のひとのその課程を丁寧にいうと、
あ!あのお方が、おならをおならしになったわよ!
というちょっとおもしろい表現がむかしあったのかもしれません手 (パー)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2018年11月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • PAGE TOP ↑