家族写真 (生後103日目)

公開日:  最終更新日:2012/07/17

こんにちは、
街頭のティッシュ配りのおねえさんに、
なかなかティッシュをもらえない
ちょーさんのパパスです。

ちょーさんの100日祝いの写真を撮ってもらいに、
うちの近くのスタジオにでかけました。

100日ちょうどの日は(12日)、
日曜ということもあってか予約がいっぱいだったので、
一日おくれでいってきました。

ちょーさんはいろんな衣装をきさせてもらったのですが、
なかでも店員さんオススメの衣装をきたちょーさんに、
パパス&ママスともども、
お腹がいたくなるくらい笑いころげてしまったのですが、
その模様は4コマ漫画にゆずるとして、
家族写真の話です。

例によって、
親子3人で家族写真をとったのですが、
何枚とっても、
なんだかしっくりこなかったのです。

結局まあこれでいいかという一枚に落ちついたのですが、
ぼくらがもっている「家族写真」のイメージというと、
写真屋にかざってある綺麗な写真というよりは、
なんというか、
モノクロであれカラーであれ、
その家族の息づかいや、
歴史なんかを、胸にぐっと感じてしまうような、
そんな感じのものなんです。

ところが、
ぼくら一家の家族写真は、
ひとことでいうと、
「若い」んです。

実年齢や見た目の「若さ」ではなく、
たとえば歴史ドラマの美術さんにたのんで、
写真に経年加工をしてもらってもごまかすことのできない、
そんな「若さ」を感じてしまいます。

それはたぶん、
ぼくら一家自身がすごした時間が短いのと、
写真を見るパパスやママスに、
「自分たちで、この家庭をつくってきたんだ」という、
「実感」が薄いからだと、
そう思います。

何年かのちに、
写真を見て胸にぐっとこなければ、
それはもう単純に夫婦が童顔だったという話になりそうですが、
すくなくとも親であるぼくらと一緒に過ごしたちょーさんは、
パパスが自分の実家で昔の写真をみて思うのと同じように、
「実感」をもって見るはず。

心地いい実感であればよいのですが、
こればっかりはどうなるかわからないので、
光陰矢のごとく過ぎていく今を、
大切にしてすごせたらと、
まさに、そう実感しています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2018年8月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • PAGE TOP ↑