後追いの真偽 (生後126日目)

公開日:  最終更新日:2012/07/20

こんばんは、
ちょーさんが夜起きてミルクをあげて、
なかなか寝ついてくれなくてやっと寝てくれたけど
自らは覚醒して眠れなくなてしまった、
ちょーさんのパパスです。

以前、
ちょーさんの
「ほんとうの後追いを覚悟しておかなきゃ」
と書きましたが、
生後4カ月を過ぎたちょーさんは、
もうテレビの人の笑顔にでさえ笑うくらいに、
感情表現が豊かになって、
泣いて泣いてしょうがないからだっこしていて、
ちょっとパパスがトイレに行きますよという時など、
ちょーさんを置いてそばを離れようとするとき、
じ~っと泣きそうな顔で見つめてくる、
「ほんとうの後追い」
はもう始まっています!
(バタバタしていてそのテーマを取りあげる間もなく)

しかし!
そのことで稚拙な自己満足を味わっている
パパスをあざ笑うような事実があって、
つまり、
ミルクをのんでお腹いっぱいで、
オムツも替えたてで特に気持ち悪くもない、
なんら不満なことはないよ、
パパスの願望をもとにいうならば
ちょっとくらいパパスを求めてくれよという時に、
メリーのあるベッドに寝かせると、
(メリーってなんだという方はコチラ
なんのことはない、
クルクル回るぶらさがりの集団に気をとられ、
ごきげんのままついには寝てしまうのです。

このことから察するに、
今のちょーさんの後追いは、
パパスがいないと絶対こまる!
という性格のものではなく、
お腹の満たされ具合や、
股ぐらに多少の不満があって、
パパスがそばを離れようとしたとき、
「ささやかな不満があるのにおまえさんまでいなくなったら
わしはもうその不満に輪をかけられて爆発しちゃうぜ!」
という状態なんだろうな~
ということが想定できます。

とすると「ほんとうの意味での後追い」は、
まだ始まってねえじゃねえかということになりますが、
ほんとに、
寂しいという感情だけを頼りに泣くのは、
まだなのかなあという感じがしています。

つらつらと変なことを書きましたが、
パパスの覚醒も熱が冷めてきたようなので、
ここいらで寝ることにします。

それではまた手 (パー)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2018年8月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • PAGE TOP ↑