パパスは元気!でもちょーさんが。 (生後348日目)

公開日:  最終更新日:2012/07/17

こんにちは、
セミをつかまえようとしたら逃げられて、
別のセミが飛んできて手にとまり、
ひとりほほを赤らめたことのある、
ちょーさんのパパスです。

こんな始まりということは、
今日はマンガはお休みです。

先ほど、時間外診療の病院から帰ってきました。
というのも、
ちょーさんが40℃の熱を出し、
パパスの渾身の一発ギャグにも無反応なほど、
元気がなくなってしまい、
これはいけないと、
病院で見てもらったのです。

医者の先生いわく、
マイコさんの回復段階で弱っているところに、
風邪の菌をもらって、
ふつうよりも高めの熱、
ひどい咳になったのでしょう。
とのことでした。

経過が経過なだけに、
すこし慎重にと、
レントゲンと血液検査もやってもらいました。
咳のしすぎで、
肺がすこし白んではいるけども、
肺炎で入院とまではいかない状況。
血液も、
マイコさんの影は薄れていて、
回復に向かっているそうです。

ひどい肺炎や、
重い合併症などでなくて、
とりあえず安心しました。
が、
しばらくは外出や日光浴は控えたほうがよさそうです。

そして、
病院からでるとき、
すれちがった赤ちゃんを抱えたお母さんに、

「あれ、ちょーさん!?」

と、いきなり名前を呼ばれおどろき、
つづけざまに、

「パパのぼうしが…」

と言われました。

おなじ保育園の、
ある子のお母さんだったのですが、
ぼくはそのお母さんのことを全然わからなかったので、

ああ、
わたしは、
おなじぼうしをかぶりすぎたのだ。
おなじ服装をしすぎたのだ。

と、そのとき気づきました。

思えば、
まいにちほぼ同じ格好で、
ぼうしに関しては100%かぶっていました。

もしかしたら、
たくさんのお母さんに、

「毎日似たような格好で、あのぼうし」

「それはまちがいなく、ちょーさんのパパスよ」

と思われていたのかもしれません。

ぷぷっ。おもしろい!


くだらないお話でもうしわけないのですが、
今日はこの辺で失礼します。

ちょーさん、
長引いてしんどいだろうけど、
1歳の誕生日までには元気になろう!

それでは、おやすみなさい夜

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2018年11月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • PAGE TOP ↑