はじめての予防接種 (生後111日目)

公開日:  最終更新日:2012/07/16

こんにちは、
赤が似合わないので青いサンタの着ぐるみを探している
ちょーさんのパパスです。

ちょーさんのBCGの予防接種、いってきました!

パパスと、
ママスとちょーさんの3人でいったのですが、
待合室にはほかの赤ちゃんたちもいて、
パパスとママスと一緒に来ているひとも
けっこういました。

ママスと、
おそらくばあばと思われるおばさんと来ているひともいて、
うちのママスは

「パパスが仕事で忙しいと、
近くにばあばがいてくれると助かるよね~」

とパパスが仕事でいないことを想像して、
しみじみ漏らしていました。

パパスはそんなことよりも、
赤ちゃんたちのそれぞれ顔立ちが、
全然ちがっていることにおどろきを隠せませんでした。

ちょーさんが生まれた時、
新生児室にならんだ赤ちゃんたちは、
「そりゃ取り違えの問題もおきるよなあ」と思うほど、
みんな顔がよく似ていて、
本当に近くでみないと他の赤ちゃんと見まがうくらい、
同じような顔が並んでいたものです。

予防接種を受けにきている子たちは、
ほとんどみんな4カ月手前で、
たった4カ月で、
こんなにも顔つきが違ってくるんだなあと感心してしまいました。

なかには、
ほんとは笑ったらダメなんですけど、
ふき出しそうになるくらいに、
ママスやパパスにそっくり生き写しの赤ちゃんもいて、
退屈しませんでした。

ちょーさんが生まれた時は、
ああ、こりゃぼく達の晩年は安泰だわ~と、
どれほどのイケメンになるのかドキドキしたのですが、
ちょーさんも類にもれず、
日に日に、
捉えようのないぼんやりしたパパスの顔に近づいていて、
おそらく周りにいたひとたちも、
ふき出しそうになったにちがいありません。

話がだいぶそれましたが、
ちょーさんは無事BCGの予防接種を終え、
今は当該部位に反応が出始めています。



子どもの頃は、
ハンコ注射の跡になんの疑問も持ちませんでしたが、
親になって初めてちゃんとわかりました。
(パパスだけかもしれないですけれど)

これが、BCGの予防接種の跡なのか!

子ども手当が少ないだの、
もろもろの税金が高いだの、
不満を並べればきりがなく、
それはパパスももらえるものは多く欲しいですし、
出て行くのは少ないに越したことはないと思いますが、
そういうたぐいの話とは関係なく、

こうして危険な病気の存在が前もってわかって、
それを「予防できる」ということは、
ほんとうに有難いことなんだなあと実感しました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2018年5月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • PAGE TOP ↑