4コマ漫画エッセイ

com-551

そんなちょーさんの行動から、
煙のあまり出ない花火と、
めちゃくちゃ出る花火との、
少なくとも二種類があるという、
どうでもよいことを学んだ2013年の夏でございます。

いや、
ございますではなく、
ございました、ですね。
昼間はまだ少し日差しが強いものの、
朝晩はすっかり涼しくなって、
空も高く、
すっかり秋の気配に満ちているこの頃です。

「表だけを見るのではなく・・・」
というのは、
この夏けっこう強く思ったことで、
何でも口に出して表現するようになったちょーさんであり、
だからこそ、
ちょーさんの気持ちの根拠をちょーさんの言葉のみに求めてしまいがちであり、
ひいては、
土日くらいしかゆっくり顔を合わせる時間もない、
わたくしとママスの関係においても、
憶測とは違いますが、
相手の言葉だけに相手の気持ちの在り処を置くのではなく、
人間同士、
とくに家族だからこそ、
以心伝心だとタカをくくるのではなく、
「汲みとる」努力が必要なのだと、
花火を見ずしてその時間を楽しむちょーさんを見て、
考えさせられた夏でありました。

ちょーさんが、悲しいとき、
おおよそ言葉には表せない気持ちでいるのかもしれぬこと、
ママスさんが、しんどいとき、
気持ちとは裏腹なちょっととがった言葉であるかもしれぬこと、
わたくしが、つむじを気にしている時、
軽薄な言葉を発しているかもしれぬこと、、、。

それらの可能性をみずからが自覚しつつ、
互いにも汲みとっていくことが、
僕たち家族が楽しくやっていく秘訣なのかもしれません。
慌ただしい毎日の中では、
なかなか、難しいんですけどね。

とにかく!
ちょーさんが見ずに見た花火と、
ちょーさんが花火に感じたであろう楽しい気持ちと、
三人で夏に花火をした思い出は、
わたくしのつむじのアルバムにしっかりと焼き付いております。
さようなら、2013年の夏!

(2013.09.18 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年9月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑