4コマ漫画エッセイ


照れて照れて、
まともな顔ができません。

「クツをはいて歩ける」ということと、
「手をつないで歩く」ということは、
けっこう違うことなのです。
ただ自分で歩くだけなら、
勝手に自由に歩けばいいだけなのですが、
片手の自由を奪われて歩くということは、
なかなかできなかったんです。
おそらくバランスが取りにくくて、
歩きづらかったからでしょう。

でも、
今のちょーさんは片手をパパスに握られても、
歩けるのです!
そして、
握った手のぬくもりから感じるのは、
いやいやながらではなく、
たぶんちょーさんも握っていたくて、
パパスと手をつないでいるんだという感覚。
そうなんです!
片手の「自由を奪われて」いるのではなく、
ちょーさんの内面からひろがる能動的な自由を、
ちょーさん自らパパスのほうへ向けているのです!(たぶんネ)
そうして、
パパスの存在を感じている。

そう考えると、
パパスは照れて照れて、
まともな顔ができません。

あたたかでやわらかくて小さい、
そんなちょーさんの手から感じるちょーさんの意思。
ちょーさんの成長をひしひしと感じて、
パパスは、うれしい。

ちょーさん、
これからどんどん散歩にいきましょうね!

と言いたいところなのですが、
この先ちょーさんもパパスも苦手な冬がやってくるので、
冬の間は家の中で手をつないで、
ちゃぶ台の周りでもまわっておきます。
春はまだかー!

(2011.11.10 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年9月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑