4コマ漫画エッセイ

com-594

だって、
血も出てなけりゃ、
かさぶたさえもできないような
ハエのまぶたくらいのちっちゃな傷なんですからー!!

とにかく、
なにかにつけて絆創膏をはりたがるちょーさん。
さかむけやすり傷ならまだしも、
ちょっとぶつけて皮膚が赤くなっただけで、
「ちじゃない?これ、ちじゃない!?」
といって、
絆創膏の入った引き出しを開けにいくのです。

まあ、
その理由はたぶん、
絆創膏にちょーさんの好きなキャラクターが描いてあるからでしょう!
と思うのは早計です!

しぶ~い、
本当にただの絆創膏でも、
ちょーさんは貼りたがるのです。
たぶん、
一種のアクセサリー感覚なのでしょうね。
ならば、素直に貼りたいと言えばいいのに・・・。
一応、傷ができないと求めてこないのです。
(傷というほどのものに限らずですが)

戦って負った、名誉の傷なんだぜ!
というような気持ちなのでしょうか。
だとしたらちょーさん、
男は傷痕を自慢げに見せびらかすもんじゃあないぞ!
たぶん、そうだぞ!
誰かを守って、負ったものには気づかせない。
そのほうが、なんだかかっこいいぞ!

とはいったものの、
ちょーさんの今の傷リストは、
転んでできたひざのごく小さなかすり傷、
転んで石ころがめり込んで赤くなったすねのこめつぶ大のところ、
そして、赤いクレヨンがついたのを忘れた人差し指の先。。。

お勘定の結果は、、
百歩譲ってひざのかすり傷だけですねぇ。
なんにせよちょーさん、
人差し指のそれを真顔で傷だと訴えてくるのは、
ちょっとねぇ。

(2014.04.16 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑