4コマ漫画エッセイ

com-566

今年もついにやってきました、
海のミルク!
牡蠣の季節!!

というわけで、
満を持して実家から送っていただいたのであります。
サンキュー!!
ちょーさんのじいじ&ばあば!!
(わたくしの父と母でございます)

その中身とは・・・

かきーん!!
(牡蠣だけに)

com566-img01
殻つきに、むき身、つくだ煮と、
なんでもござれのフルコースであります!

よ、よだれが止まらない!

置いておくとどんどん味が落ちるので、
早速いただきます!

殻ごとレンジでチン!
一個につき一分、チンするだけです!

チンっと鳴ったら・・・

かきーん!!

com566-img02
うおー!!
海が溢れています!
磯の香り!海のにおい!
わたくしのふるさと!!!

・・・。


ちょっと落ち着きます。

殻つきの牡蠣が手に入ったなら、
この食べ方を上回るものはありません!
と、勝手に思っているだけなのかもしれませんが、
生きている牡蠣をそのままチンするので、
むき身特有の臭みはもちろんなく、
上品な磯のかおりと牡蠣の旨みだけを楽しめるのであります!

力尽きて蓋が開いた牡蠣に、
レモンをしぼってペロリといただきます。
もう、口の中が、冬の海のぬくもりでいっぱい。


そしてむき身は、
あったまる鍋にします!

かきーん!!

com566-img03
そしてシメはつくだ煮と鍋のだしで・・・

かきーん!!

com566-img04
このお茶漬がまた、
うまいのであります。


牡蠣で、お腹いっぱい。
しあわせ・・・。


えー、
少し地元の地域振興のために宣伝をさせてもらいますと、
みなさん牡蠣といえば広島!というイメージがあるかもしれませんが、
私の地元である兵庫県の西のはしくらいから、
岡山、広島にかけて、
牡蠣はいたるところで獲れ、どれも美味しいのです!
みなさんも、
近くまでお越しの際には、
室津(むろつ)、相生(あいおい)、赤穂(あこう)、備前(びぜん)、牛窓(うしまど)
など、たくさん牡蠣の産地がありますので、
ぜひ立ち寄ってみてください。

おーっと!

肝心の4コマに触れずに終わるとこだったぜ!

カキと聞いて、
果物の柿だと思ったちょーさんは、
出てきた得体のしれないカキという食べ物に一瞬焦ったものの、
やけになってむさぼりついていましたとさ!
まさに「やけがき」!

という話でありました!
(みじかっ)

ともあれ、
わたくしが子供の頃は牡蠣はちょっと気持ち悪くて苦手でしたが、
ちょーさんは大丈夫なのかしら。
牡蠣といい、
あさりといい、しじみといい、
貝類が大好きなちょーさん。

しぶい三歳児だこと・・・。

(2013.12.04 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑