4コマ漫画エッセイ

com-541

ついにと言うよりは、
散髪して短くなったからというだけなのかもしれませんが、
ふたつあるつむじの双方向からの毛が、
互いにぶつかり合って、
互いに支え合って、
まるで「人」という文字を形作っているかのような、
ちょーさんの脳天なのであります。

若干3歳手前にして、
人間のあるべき姿を、
はたまた、
逃れたくても逃れられない姿を、
自身の身体で体現してしまったちょーさん。
いったい、
いつどこで、
どんな悟りの境地で、
人間性の深みに触れたのでしょう。
彼はこの先、
いったいどこへ向かうのでしょう。
至極平凡な、
そのルックスから想像するに、
たぶんどこへも向かわないのでしょう。
ぷぷーっ!!
(サイテーなおやじだな)

しかし、
彼の脳天のそれが「人」になっていることに気づいてからというもの、
そこに何らかの意味を、
無意識で感じ取ろうとしてしまい、
ふたつのつむじの毛のまじわりを、
ボーッと眺めることが増えている近ごろです。
夏まっさかり、
息子のつむじに囚われた、
つむじの寂しいはげでひげ。
おそらく意味などないことに、
ハッと我に返ったそのとき、
浮き彫りになるのは一方の豊富さと、
一方の物足りなさ。

え?
毛の話ですよ!
結局はそこなんですよー!
しかも、
ちょーさんのはふたつだし。。

はっ。

ふたつあるということは、
その時がきたら二倍悩むということじゃないのか??
へっへー知ったこっちゃねー!
でも、
つむじがふたつあるのはママスさんゆずりなので、
少なくともママスさんはまだハゲていませんから、
ちょーさんはハゲないのかもしれません。

しかも、
仮にハゲはじめたとしても、
それが片方に限られているならば、
もう片方のつむじは予備としてとっておくこともできるのです。
ちっくしょー!!
コノヤロー!!!

なんだかこの上なくどうでもいい、
支離滅裂な話になってしまいましたが、
それは暑さのせいにして、
どうしても気になってしまう話をご紹介しましょう。

ちょーさんと同じくつむじがふたつあるママスさんですが、
ちょーさんは脳天にキレイに並んであるのに対し、
ママスさんは、
ひとつは脳天に、
ひとつは前頭部にあるのです。

・・・。

なぜ!?



追伸
手足口病をちょーさんにもらってダウンしていましたが、
ひどくならずに回復しております!
(診察してもらった訳じゃないので、単なる夏バテだったのかも)
ママスさんもまあまあ元気。
ちょーさんはもうすっかり回復し、
いつも以上に元気です!

(2013.07.26 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年5月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑