4コマ漫画エッセイ

com-484
新しい年がはじまったくらいから、
おもむろに何かのはじまりを告げるちょーさん。

へっへっへ、
幼い子が、
父のさみしげなつむじとネタ帳を案じて、
いかにも使えそうな、
しかも季節感のあるエピソードを考えてやったなら、
まあそれはおもしろいだろうよ!
というようなわけではまさかないでしょうから、
一体ちょーさんの中で何がはじまっているのか、
戸惑いを隠しきれないわたくしです。

すこし前までは、
パパスの前でもママスの前でも関係なく、
ハイテンションなちょーさんでしたが、
近ごろでは、
このおっさんには絡んでもおもしろかねぇや、
ということに気がついたのか、
ちょーさんとわたくしのふたりきりの時には、
双方とも極めて無口になるのですが、
もしかしたらちょーさんは、
そんな空気を打ち破らんとして、
無理にでも何かのきっかけを作ろうと、
がんばっていらっしゃるのかもしれません。
むーん、
めんぼくない。

わたくしとしては、
家がしずかなことに越したことはないと思うので、
ふたりのしずかな時間がけっこう好きなのですが、
ママスがいるときの、
あのはしゃぎっぷりを鑑みると、
わたくしとふたりの時、
ちょーさんは自分を抑えているんじゃ!?
と、本来なら心配するべきところなのかもしれませんが、
ああ、
この子も、
一人前に気を遣うようになったのかなぁと、
父親らしからぬ他人行儀な思いが浮かんでくるのであります。
いつも賑やかすぎるくらいのちょーさんなので、
そんな彼とのしずかな時間は、
そのまま稀有なものとしてそっとしておこうっと。

ちなみに、
何かのはじまりを告げるとき、
5回中3回は、
なにも映っていないテレビのほうを指さしているので、
単純にテレビが見たいだけなのかもしれません。
なにも、
はじまってはいないのですけれど。

ちょーさん!
父との厳かな時間に背をむけて、
架空の世界に逃げ込もうとするとは、
いったいどういう了見なのかしら。

でも、
アニメを見るとちょーさんは目が輝きだすので、
ほどほどにとは思いながらも、
ついつい見させてしまいがちなこの頃です。

ちなみに、
ちょーさんが今はまっているのは、
子供のころにだけ訪れる森でのフシギな出会いのやつです。
でも、
歌の感じで憶えてしまっているので、
見たいときは決まって、
「トットロ!トットロ!」
という具合に、
小さい「ッ」が入っています。
ぷっ。


(2013.01.09 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年9月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑