4コマ漫画エッセイ


風が帽子をもっていったあと、
静かにそれをかぶり直し、
独特の構えで次のいたずらを待つちょーさん。
その格好のおもしろさに、
パパスは腹筋がひきつりそうになるより前に、
けた違いのプリチーさに、
あごが抜けたかと思うほど頬がゆるみましたよーう!

ちょーさんにとって、
何で帽子がとんだのかはたぶんどうでもよくて、
急に帽子がとんでいったことが、
とても面白く思うようで、
おそらく今のちょーさんのツボには、
「急に」という条件があるようです。

寝ていたパパスが急に起き上がるとか、
ゆっくり食べていたパパスが急に麺をすするとか、
運転席のパパスが急に振り返るとか(赤信号でネ)、
何でも「急に」起きたことに、
とってもウケています。
これはわたくしの自慢ですが、
パパスの顔芸で急に表情をいろいろ変えるというものに、
ちょーさんはめちゃくちゃウケてくれます。

はっ。
も、もしや。。
急にわたくしの髪の毛が抜けおちたなら、
ちょーさんはかなりウケるのでは!?
ええ、ウケるでしょう!
パパスも違う意味でウケるでしょうね!

いつになく、
変な想像をそのまま言葉にしてしまいましたが、
それくらいちょーさんがウケてくれるということは、
わたくしにとってうれしいことなのであります。

でもちょーさん、
もしも急に髪の毛が抜け落ちても、
風のいたずらのように二度目はありませんよ。
一度抜けたら、もう元には戻らない。
だからこそ、
朝の枕の髪の毛が、
一本でも少なくあってほしい。
そう願うこのごろです。
(なにこのはなし!?)

(2012.05.29 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年11月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑