4コマ漫画エッセイ


おさな子はその時、
穴に入らないイライラにしびれを切らし、
自身のこめかみに、
幾度となく綿棒を突きつけるのであった。。

ちょーさーん!
顔がえらいことになってますよー!

えー、
まあ実際のところは、
トントンッと綿棒を当てているだけなのですが、
その表情だけは、
残念ながら絵のまんまです。
不満げな表情にもバリエーションが増え、
そのどれもが赤ちゃんらしからぬいかつさで、
ビジュアルでは食っていけないであろうことが、
いよいよ明瞭になってきたこの頃ですが、
そんなことよりもパパスさん、
もっと見るべきところがあるでしょう!
ちょーさんは、
綿棒を自分で持って、
耳をほじろうとしているのですよ!
こんな器用なことができるなんて、
一年前には想像もできなかったでしょう?

そ、そのとおりでございます!
しかも、
たまにちゃんと穴に入って、
気持ちよさそうな顔をしているのです!
パパスはほんとに、
うれしくて、
かわいくて、
食べてしまいたくて、
照れくさくて、
ちょっと気持ちわるい。

変な意味ではなく、
生まれた当初のことを思うと、
こうして横に座って、
何ならテレビに流し目でもしながら、
当たり前のように耳をほじろうとしている、
そんなちょーさんの姿に、
成長という現象の不思議さに、
いい意味でおどろき、
いい意味で何だか気持ちわるいのです。

「気持ちわるい」という言葉が、
こんな風に前向きな言葉たちと共存する感情なんて、
なかなかない体験だろうなぁ。

今回みたく、
耳をほじろうとするというような中途半端なアクションでさえ、
パパスはこんなに気持ちわるくなっているのに、
ある意味一種の大イベントのような、
「字が書ける」とか、
「自転車に乗れる」とか、
そういうことをちょーさんがクリアした時、
パパスはもしかすると、
気持ちわるすぎて泣いてしまうかもしれません。

そして、
はげでひげのおっさんが泣いている光景を目にした人は、
ほんとうに気持ちわるくなるかもねー!
(なにこのはなし!?)

(2012.04.02 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年9月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑