4コマ漫画エッセイ


ママスのお仕事は、
夜明け前に出て夕方帰るとか、
昼ごろに出て深夜に帰るとか、
とっても不規則なものなのですが、
男ならだれもがそわそわしてしまうこの日は、
運悪く、
ちょーさんが起きている間はずっと家にいない日でした。

でもちょーさん!
よかったねぇ~
ママスさんは律儀にも、
家を出る前の少ない時間を惜しまずに、
ぼくたち男ふたりのために、
クッキーを焼いてくれましたよ!
ちょーさんが食べられるように、
チョコレートが一切入っていないクッキー!
しかも、味うすーい!!

しかしながら、
人間の味覚というのは不思議なもので、
ある食べものに、
ちょっとお高い材料とか、
大好きな誰かと一緒にいる空気とか、
とても優しい気持ちとかが入っていたなら、
まるで魔法のかかった調味料のように、
かたちのない、
空気とか、気持ちを、
強く感じ取れるものなのでしょう。
バレンタインに食べる、
とんでもなく味のしない、
プレーンなクッキー。

わたくしパパスは、
そこにはいないけれども感じるママスの心遣いと、
ちょーさんといっしょ!といううれしさで、
冗談ではなく、
ほっぺが落ちそうになりました。

ちょーさん!
つむじの毛がなくたって、
パパスは満たされていますよ!
わーいわーい!
(毛があったほうが満たされるけど)

(2012.02.15 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年5月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑