4コマ漫画エッセイ


下に落ちたものでも3秒以内なら大丈夫!
とよく言いますが、
あきらかに拾うまでに十数秒以上かかったボーロを、
どこか恩着せがましい笑顔で、
あたりまえのようにパパスの口へ運ぶちょーさん。

ちょーさん、
調子にのっちゃあいけませんぜ。
そんなもの喰えるわけ・・・
あるー!!

・・・。

えー、
喰えるわけ、あるんです。
こんなにプリチーな表情で、
あんなにもかわゆい指先で、
ちょーさんがパパスに、食べ物をくれるというのです!
十数秒どころか、
一カ月、いや、
一年くらい経っていたって食べられるなぁ。
どんなに腐っていたって、
ちょーさんの想いというスパイスがあるなら、
パクッと食べられてしまうなぁ。

とまあ、
冗談はこのくらいにして、
と言いたいところなのですが、
あながち冗談でもないのです!

自分の意思で、
いろいろできるようになってきたちょーさんが、
はたまた、笑ったり泣いたり、
いろんな表情をできるようになったその中から、
とびきりの笑顔をパパスにくれているちょーさんが、
落ちたボーロを、
パパスの口元まで持ってきてくれるのですよ!?
そんなちょーさんの心意気を大事にしたくて、
その瞬間わたくしパパスは、
まるで操り人形になったかのように、
自動的にお口が開いてしまうのです。

唇に触れる、
ちょーさんの柔らかな指先の感覚。。
そこから中へと運ばれる、
ちょーさんの優しさが上乗せされたボーロ。。。
その食感と言ったら、
得も言われぬホコリっぽさ!
え、やっぱりホコリっぽいのかよ!

ホコリっぽい時と、
たまにそうでない時があるのですが、
いずれにしてもそんなことはどうでもよく、
ちょーさんの想いをないがしろにしたくないという気持ちは、
ほんとうにあるんですよね。

ちょーさんのプリチーさに負けて、
落ちたボーロをたまに本当に食べてしまうわたくし。
ちょーさんせめて、
そのスパイスに少しだけ、
育毛成分を混ぜておいてくれないかしら。

(2012.01.13 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年11月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑