4コマ漫画エッセイ


「空気のような存在」
とはよく言ったもので、
恋人たちの間で、
彼に「空気のような存在」だっていわれちゃった~
照れちゃう~とか、
彼が「空気のような存在」なんて言うのよ・・・
やんなっちゃう~とか、
そう、二とおりの意味の捉え方があるのです。

ひとつは、
ないと困るもの、必要不可欠なもの、という意味で、
ひとつは、
当たり前のもの、あって当然なもの、
特別とりあげる必要なんてないもの、という意味。

恋人たちの間では、
こっちの意味よ、あっちよ~などと、
楽しげな話になるのでしょうが、
ちょーさんの場合は話は単純です。

もののありがたさにはまだ気づかないちょーさんは、
たぶんパパスを、
空気のような存在と認識しているのでしょう。
もちろん、100%上述の後者の意味で。
ちょっとさみし~い!


追伸
もちろん、「空気」とふたりきりの時は、
ちょーさんも空気を惜しんでいますよ~
ママスという興奮材料があるときに、
どうやらパパスは気化するものと思われます。

(2011.09.14 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年5月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑