4コマ漫画エッセイ


いつもの昼下がり、
ちょーさんはおもむろにリコーダーを手に取ると、
スックと立ちあがり、
吹きながら歩いたのでした。

ミラクルベイビー、ちょーさん!(アホパパス!)

え~近頃、
総じて笛のようなものが好きなちょーさんは、
吹いて音が鳴るタイプのものなら、
もうかたっぱしから鳴らしまくっています。
そして、
鳴らし過ぎて吹いている状態が日常化したのか、
そのまま歩くようになってしまいました。
くわっと目をあけて、
フーフーふきながら近づいてくるちょーさん。
かわいいけれど、
正直ちょっと不気味です。

その上、
無作為に並べられた音階が、
ごくたまに奇跡的なメロディーを奏でるのです!
さながらへビでも操れそうなほどの、
神秘的なメロディー!

パパスはどちらかと言えば、
大部分をしめる奇跡的でないほうの雑音、
ではなくてメロディーに、
ヘビのように身をくねらせそうになりながら、
耳をおさえて耐えています。

ちょーさん、
お隣から苦情が来ない程度にしてね・・・

(2011.09.06 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

コメントを残す

  • 2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑