4コマ漫画エッセイ


ちょっと前からクセになっている、
ほにゅう瓶をバシバシたたく行為。

これをやられると、
ほにゅう瓶が揺れて揺れて、
ちょーさんも乳首に狙いが定まらないようで、
ミルクを飲めたものではありません。

ちょーさん自身はといえば、
この揺れの原因が自分の両手の仕業であるとは、
夢にも思っていないというような困惑した顔で、
「なんで!なんで!」と言わんばかりに、
パパスに目で訴えかけてきます。

ほにゅう瓶が気になるのかなと、
ためしに自分で持たせると、
今度は手をおさめて、
瓶がとび、
ミルクもとび・・・

ちゃんと授乳の間隔もあけているのですが、
一日6~7回の内、半分くらいはこの状態です。

言葉では聞けないし、
パパスが気に食わない顔をしても
ちょーさんは逆にウケて笑っているし、
けっこう困っています。

やることがころころ変わる赤ちゃんなので、
一週間もたったらこのクセも忘れているかもしれませんが、
なにか、いい解決策はないものでしょうか。。

(2011.02.07 UP)

↓↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓↓
★ポチッと応援クリックおねがいします!

1298381795lvPnDROn.gif 12983818602Qx1Osiy.gif 1298381912S9WfuP5F.gif 1298381975cyAJg4vV.gif

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

.

この記事へのコメント

“vol.106 授乳の悩み① (生後157日目)” への1件のフィードバック

  1. Roberta より:

    Thought it wonldu’t to give it a shot. I was right.

コメントを残す

  • 2018年9月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • カテゴリー

  • タグクラウド

  • PAGE TOP ↑